cuscofishing.com

沖縄芝居とはどんな芝居なのか : cuscofishing.com

沖縄芝居とはどんな芝居なのか

沖縄芝居とはどんな芝居なのか : cuscofishing.com 明治時代に発祥した沖縄の伝統芸能である沖縄芝居は、沖縄の方言である「ウチナーグチ」の台詞で進行していく、独自の芝居です。主に、沖縄に住んでいる庶民の暮らしや風俗事情を題材にした演目が多いのが特徴です。なので、沖縄の昔の生活はどのようなものだったのか、ということを、芝居を通して楽しく知ることができます。

ウチナーグチの台詞で物語を進行していく「台詞劇」はもちろん、明治末期には音楽付きの「歌劇」も登場し、華やかさを増していきました。歌劇は、「沖縄版・歌舞伎」と言っても良いでしょう。美しい所作や舞踊で物語の世界を表現し、沖縄三線をはじめとした沖縄の伝統楽器の演奏が、芝居を盛り上げていくのが歌劇です。特に所作や舞踊に関しては、歌舞伎や日本舞踊同様、長年の厳しい稽古によって、その独自の美しさが伝承されていっています。

又、沖縄芝居のもう1つの大きな特徴として、台本を厳密に決めないということが挙げられます。従って、沖縄芝居は即興的な要素が強く、それがむしろ役者たちの持ち味を生かしています。見ている観客も、そんな役者同士の生き生きとした即興的掛け合いを、生の舞台で楽しみながら、沖縄芝居を堪能しているのです。

Copyright (C)2014沖縄芝居とはどんな芝居なのか : cuscofishing.com.All rights reserved.